​通信地下設備工事

chika_cable.jpg

通信基盤設備の保守・点検

主線管路より分岐する地下管路。設備の小型化・軽量化に伴い、通信ケーブルを多条数収容するフリーアクセス単管方式などで構成されています。その基盤設備は、通常の工事とは異なる技術が求められます。タカショウでは幹線ルートとして様々に機能する通信基盤設備の保守・点検を行っています。

とう道、マンホールの保守

トンネル形式の通信土木設備であるとう道、管路と管路の間に設置され、大容量配線ケーブルの敷設・分岐を行うマンホール、小対ケーブルの引込み、接続作業を行うハンドホールなど、通信地下設備全体の保守を行っています。

tika_cable.jpg
ドラム_cable.jpg

通信土木設備の工事

無電柱化や災害対策など、通信設備の地中化は皆様の快適な生活環境づくりに欠かせません。タカショウでは、これまで培われた技術と経験を活かし、安全かつ高品質な通信設備工事をご提供しています。